八雲式秘談5〜式的想法〜様品(╹◡╹) 

このお話の主観は藍


村人「妖怪出現了ー!」
村人「逃跑ー!」
ドンッ(Don…掉下到地面的聲音)
八雲式秘談5
我和你的約定
桜井天智
パチン(Pachin)…鳴響手指的聲音
男「發生著什麼?」
男「被拉進來的―」
あはははは(Ahahahaha)…笑聲

話のはじまりは紫から。人里に出没しては村人をからかい襲う。

藍(最近我主人一個人出門的回數揄チ了)
藍(腿腳懶的主人出門是應該感到喜ス事,不過是什麼在意了)
藍(如果來了觀察情況,我主人在村鬧騰著)
藍「我主人,做著什麼!!」

紫の暴れっぷりは「戯れにしてはやりすぎである」と藍は主を止めようとする。

藍「襲擊村的理由」
藍「可以說明嗎?」
紫「執拗的,向你不說明」
藍「獲得理由的事敵不過…,那麼我從家出來」
藍「我看錯你」
紫「你自由請出去」

紫への不信感から藍は家を飛びだ してしまう。

藍(得到了感謝的物品,那個孩子聰明)
石碑(這個下的土地)
石碑(因為妖怪的土地不可人住)
石碑(請想在災禍中)
藍「是我的主人的事…」
藍「看這個石碑,我想我主人對村民添著嚴重的麻煩了」
ガタッ…ガタガタガタ…(Gata…Gatagatagata)…地面搖擺不定的聲音
藍「…阿」
藍「地面搖擺不定著」

外の世界で五目稲荷を貰い満悦の藍。
ふと見るとそこには
”紫の脅威”を警告する石碑が立てられていた。

ザバ(Zaba)…由水提升的聲音
藍(我的危機我的主人必定出現)
紫「返回的藍」
藍「女孩子!」
藍「期盼救助女孩子!」
紫「遺憾」
紫「對於我沒有救出的義務」

外の世界で水難に会う藍、紫が颯爽と助けにくる。

紫「但是…」
ドッ(Dotu…推胸的聲音)
藍(我已經主要不能跟隨)
藍(我的主人我以外的存在沒有興趣!那個事我悲哀)
藍(我的主人沒有跟隨的價值!)

「私の事は助けるけど、他者のこ となんてどうでもいい」
紫への不信感は更に増し、藍は紫をふりきって水の中へ飛び込んでしまう。

藍「那個石碑是主人的事喲?」

藍を水の中から救い出したのは紫。
”紫の脅威を警告する石碑”を指して再び紫に問う。


紫「是,我的事」
藍「明白了…」
少女「…好嗎?」
少女「我認識著襲擊的村是狐狸大妖」
藍「對不起,襲擊的是村我的主人」
少女「認識不一致」
少女「可是被寫向這個石碑狐狸大妖襲擊村」
少女「奇怪也,沒有”狐狸大妖”的文字!」


石碑の文字が”一部”消えていると少女は言う。
「村を襲っていたのは狐様ではなかったのですか?」

藍「我的主人,這怎樣的事?」
紫「我不知道」
藍「不可能不知道…!」 
藍「消去了的是這個文字我的主人喲?」
藍「我想要來自你的說明!!」
紫「………」

紫の真意について問い直す藍。

 

紫「你的負擔,你的不幸,全部我承擔」
紫「以,你請忘記全部,並且,請緩和我的寂寞」

紫が藍に秘密にしていた契約とは?
はたして藍と紫の仲はもとにもどるのでしょうか?

八雲式秘談5〜我和你的約定〜
「東方楓華宴3」10月20日、桜井本家【永23-24】頒布予定!

さくらい本家
http://sakurai.dojin.com/
 楓華宴の出展物についての詳しい情報があります♪
あわせてご覧ください(`・ω・´)ノ